一般社団法人日本皮膚悪性腫瘍学会

  • Japanese
  • English

皮膚癌について

皮膚がんについて(皮膚科医が詳しく説明します!)

 皮膚癌の多くは一般に日光にあたる顔面や四肢に発生します。高齢者に比較的多いので、高齢化社会を迎える今後、皮膚癌の発生増加が予想されます。
 一方で胃癌、大腸癌、肺癌など内臓に発生する癌と異なり、目に見える部位に発生するため、早期での発見が可能です。早期に皮膚科医のもとで適切な診断・治療を受けることにより、完治する皮膚癌も数多くあります。
 ここでは皮膚癌についての基礎知識を知っていただき、皮膚に気になる病変ができた場合は早期に皮膚科医に受診することをお勧めします。

  • 皮膚の構造と皮膚癌の発生
  • 1. 基底細胞癌
  • 2. 有棘細胞癌
  • 3. ボーエン病(Bowen病)
  • 4. パジェット病(Paget病)
  • 5. 悪性黒色腫(メラノーマ)

 各皮膚癌の診断・治療につき、さらに詳しい内容を知りたい方は、皮膚悪性腫瘍ガイドラインで見ることができます。

Copyright © 一般社団法人日本皮膚悪性腫瘍学会 All rights reserved.